「出会い系」の書き込み、なぜ交流サイトに?

【PR】出会い系サイト

「出会い系」の書き込み、なぜ交流サイトに?

◇「改正規制法」逃れて移行 犯罪防止に「閲覧制限」有効

なるほドリ 携帯電話の交流サイトに異性との出会いを求める書き込みがあるとして、警視庁がサイト運営者に削除を求めたと報じられたけど、どういうこと?

記者 交流サイト大手「ミクシィ」や同業者「グリー」、ゲームサイト「モバゲータウン」で知られる「ディー・エヌ・エー」、同じくゲームサイト「大集合NEO」を運営する「オープンドア」など6社のサイトに「中学生。彼氏募集」などと異性との交際を望む書き込みがありました。昨年12月施行の改正出会い系サイト規制法は出会い系サイト運営者に警察への届け出を義務づけ、警視庁は6社のサイト内容を「実態として出会い系」と判断しましたが、6社からは出会い系としての届け出がありませんでした。このため警視庁は、届け出るか、書き込みを削除するよう6社に求めたのです。

引用元:<問なるほドリ>「出会い系」の書き込み、なぜ交流サイトに?

交流サイト=出会い系サイトと同じ気がするのは僕だけだろうか・・・名前だけの印象でかなり変わりますね。大手SNSは名前だけ健全で、実際に中で行われていることは違いますからね^^;

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://deaikeisafety.net/mt/mt-tb.cgi/11

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)